大森・野田岩 一か月に一度は食べたい絶品です

大森・野田岩 一か月に一度は食べたい絶品です。

毎月、一度は訪れる「大森・野田岩」!

蒸してから焼く関東、蒸さずに焼く関西 ですが、当社の社員の半分以上が関西出身!
それでも絶品と声の高い「大森・野田岩」さんです。
1516059180021.jpg 1516059180041.jpg

ちょっと雑学ですが、うなぎの割き方!
関西では腹から、関東では背中からです。
昔むかし、武家社会が中心の関東では「武士の切腹」を連想させるとして背中から割くようになったとか!

「土用の丑の日」に鰻を食べる習慣が始まったのは江戸時代。
医者だった平賀源内が、知り合いの鰻屋に「この時期暑くて、どうも売れない。何かいい案はないか?」と相談を持ちかけられたところ、源内は筆をとり、「本日、土用の丑の日 鰻の日」と書いて貼り出したそうです。
皆の衆は、平賀先生がああ言うのだから間違いない。
ということから店は大繁盛していったそうです。

1516059180065.jpg

鰻には、ビタミン、ミネラル類が多く含まれています。
もっとも顕著なのはビタミンAの多さで、肌荒れや視力低下を防ぐとともに、粘膜を正常化させて風邪などを防ぐ効果もあると言われています。
更にさらに、免疫機能が高まることから、ガン予防にも作用するとか!?

皆さんも鰻を食べて栄養補給してはいかがでしょうか?

創業200年と老舗中の老舗から暖簾分けした鰻屋さん。
脂もよく乗っていてタレやシャリとのバランスが好評です。

大森・野田岩
〒143-0016 東京都大田区大森北1丁目30−8
03-3761-4110 ※予約をお勧めします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

㈱小出不動産

ケロリンが教える
大井町・大森の情報発信へようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR